FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-07-31 22:31 | カテゴリ:GLAY
こんばんは


GLAYファンなら毎年この7月31日を
無意識に意識してしまいますよね

99年7月31日
GLAY EXPO'99 SURVIVAL

あの歴史的な日から今日で
11年経ったんですね

あの頃はまだ学生で、コンサートなんてのは
名古屋の会場しか行った事がなく、
初めて母親と一緒に遠征をしたのが
このEXPOライブだったんです

名古屋~幕張会場までのツアーが
用意されて、2人で夜行バスに揺られて
行ったのを毎年思い出します

20万人なんて全然予想できなくて
どうにかなるでしょって、ライブが楽しみにしすぎて
それまでのEXPO展示会場とか、グッズ販売とかの事は
安易に考えて挑んだので、人生で一番過酷な
思いをした日になったけども
ライブはその暑さと人の多さで疲れきった事など
忘れさせてくれるくらい素晴らしいもので、
席が遠すぎてメンバーが豆粒以下で
全然肉眼では見れなかったけども
心の篭った歌声や、ギター・ベース・ドラム・ピアノの
音がしっかりと私の胸にも届いてたよ

初心を忘れない為にも、ホールクラスの小さい会場を
本当に細かくツアーでまわってたりして
最近はメディアの露出が少ないので
GLAYの曲ってあんまり聴いたことないかも
って若い方も多いかもしれませんが
一度機会があればGLAYの曲を聴いてみて下さい

歌詞は全てTAKUROさんが書いてるんだけど
育ててくれた両親の曲だったり、
心友のお姉さんの為に書いた曲だったり、
ときには元気のない世の中に
喝を入れるような曲だったり、
素直なTAKUROさんの気持ちが
書かれていて、聞いてて本当に
心に響いて、打たれる曲が多いので
気分が落ち込んだときには
勇気付けられるし、気分を高めたい時は
後押ししてくれるような曲だったり
色々な場面で救われると思うので
本当にオススメなので、聴いてみて欲しいです

最近は玉ちゃんに結構夢中だったりすんですけど
やっぱりGLAYは特別な存在で
表には出さないけども、心の奥深くで
今でも大好きなので、これからもライブがあれば
積極的に参加したいなって思ってます

普段から喜・怒・哀・楽の表現が下手くそな私には
好きな玉ちゃんやGLAYの話を
している時や、想っている時が一番
嬉しくて、また楽しくて、仕事中は怒ってばっかりで
なかなか涙を流すことがなくて、
昔からプライドだけは人一倍高いもんだから
人前で悩み事を言えなくて溜め込んだり
泣いたりすることってできなかったから
唯一涙を流せるのがGLAYのライブで
心の篭った歌を聴いた瞬間に
フッと涙腺が緩むんですよ
その一瞬閉まったままの扉が開くのが
GLAYの曲を聴いている時なので
人間らしさを保つというか、心を開ける
場所があるっていうのは
本当にありがたいことで、
偽らない私自身でいられるGLAYの暖かい懐に
まだまだお世話になります

途中で何を書いていいかわからなくなっちゃった
文章力のなさを日々痛感してます

簡単に言いますと、普段玉ちゃんがLOVEとして
一番大好きな存在だけど、GLAYは人生の先輩の
よき兄貴分として大好きだよ
という事が言いたかったです

これからも一生付いて行きます



あの心と心が通った場所は 今も胸にある
ずっと焼きついている いつかあの夏に一番近い場所で
また逢いましょう
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。